Playboy(プレイボーイ) マイクロゲーミング スロットマシン

Playboy(プレイボーイ)スロットは、アメリカの雑誌「PLAYBOY」をキャラクターとしたマイクロゲーミングのスロットマシンです。

「PLAYBOY」は、1953年に実業家ヒュー・ヘフナーやエルドン・セラーズなどが共同で創刊した男性向けの月刊雑誌で、
世界中で販売されている。同誌の表紙を飾る女性モデルはプレイメイトと呼ばれ、
創刊号のピンナップ(ポスター)はマリリン・モンローが飾ったことでも知られます。
男性向けのスロットマシーンとしてはスーパーキャラクターでしょうか。

2013年オンラインカジノ運営グループ会社の人気ランキングのスロット部門で6位(100種以上あります。)に支持されるほどの
人気スロットで5リール243ラインの構成は上位にランクされることが多い人気系統です。

243ラインの指定はできませんのでコイン数やクレジット金額で賭け金を決めます。

ボーナスゲームは、「KIMI」、「SOFIA」、「ASHLEY」、「JILLIAN」の4人の中から1人選びます。選んだ人物によって、フリースピンの回数や配当が違いますが、
最初から4人ではなく、初めは「KIMI」しか選べません。ボーナスを獲得するごとにに回数が蓄積されていき、5回目以降で「SOFIA」が選べ、10回目以降で「ASHLEY」が選べ、15回目以降で「JILLIAN」が選べるようになります。
4人のキャラクターをを選べるようになると、後は4人全員の中から自由に選ぶことができます。

15回目以降で「JILLIAN」が、選べ、回数が多いから有利という事にみえますが、そういうことも無くどれを選択しても運しだいなのですが、
こういったボーナス回数によりより多い無料スピンが選べるという演出が人気の秘密といえそうです。

各美女のスピン回数は「KIMI 10スピン」、「SOFIA 15スピン」、「ASHLEY 20スピン」、「JILLIAN 25スピン」にそれぞれ違う倍がけ方式が付帯されます。

「KIMI 10スピン」の場合は、獲得金額X5倍となります。

Playboy(プレイボーイ)イントロ

このPlayboy(プレイボーイ)はマイクロゲーミング系オンラインカジノ、スピンパレスカジノ  ジャックポットシティカジノでプレイできます。

下記がペイアウトやキャラクターになりますが、日本語化されていません。翻訳ミスがあると問題なので英訳はしませんが、ルール的に特別なことはありません。

243ライン仕様なので細かい払い出しがあります。しかしながらどのスロットマシーンも同じですが短期で勝負するものではありません。

最低でも1回500スピンできるような予算とベット額でプレイしましょう。1回転2ドル以上が理想ではあります。


ゲームのルールとペイアウト


フリースピンスキャッター図柄

フリースピンキャラクター 1.2

フリースピンキャラクター 3.4

払い戻し

カテゴリー: ジャックポットシティカジノ, スピンパレスカジノ, スロットマシン, マイクロゲーミング パーマリンク